お日さまとお月さま
 
幸せな地球さんを見ました 
 


沼にはまって身動きが取れなくなった飼い主のそばを7時間離れなかった犬。

 この写真は、ヘリコプターの赤外線サーマルカメラがとらえた、沼で倒れている男性と犬の姿である。犬は動ける状態なのだが飼い主のそばから離れず、発見されたときは7時間が経過していた。

 英国サフォーク州に住むマーティン・ケイ(67)は、2016年1月18日(月)、いつものように飼い犬であるラブラドール・レトリバーのメス、ホーリー・ブルーを連れて散歩に出かけた。とても天気の良い日で、いつもとは違うルートを通ってみようと、ソーナム・パルブ村近くの野を横切ろうとしたその時、沼にはまって身動きが取れなくなってしまった。


 「そのルートはもう2年も歩いていなかったんだ。湿地を行くとき足元がちゃんとしているかどうか試したのだが、真ん中あたりまできた時、急に地面が沈み始めた」。ケイさんは当時を振り返りそう語った。助けを呼んだが声は届かず、もう誰も見つけてくれないだろうと絶望的になって、その後意識を失ってしまったという。あまりにも寒かったのだ。

 ケイさんが自宅に戻ってきていないことを知った友人が、夜19時30分頃、警察に通報した。彼が散歩に出かけてから既に5時間が経過していた。サフォーク警察はヘリコプターが出動させ、地上と上空から、あたり一帯を徹底的に捜索した。

 捜査開始から1時間半、遭難してから約7時間後、ヘリコプターの赤外線サーマルカメラが横たわっているケイさんと、そのそばでうずくまっている愛犬のホーリー・ブルーの姿をとらえた。このとき気温は-3度。ケイさんもブルーももう、限界ギリギリであった。

捜査を行った警察官によると、発見現場は真っ暗で、とても辺鄙な場所にありヘリのライトや懐中電灯に頼らざるをえなかったという。

 ブルーは警察官の気配に気が付くとすぐに起き上がり、「ここだよ!助けてあげて!」と、警察官を誘導するかのように、沼の中を必死に動きながら、横たわるケイさんに近づき頭を押し付けた。


 ケイさんはすっかり泥に埋もれていたという。体だけでなく、頭も埋まっていた。ヘリがなかったら彼らを発見するのは難しかっただろう。救出作業も難航した。ケイさんを引っ張り出そうとすると、今度は警察官らが沈んでいってしまうのだ。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52213675.html



3月21日(月)07:30 | トラックバック(0) | コメント(2) | ペット | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメント

まるで人間の様な動物達

最近、人間よりもよほど人間らしい動物達の話を身近でもよく聞きます。
動物達の意識レベルが低いというのは、IQテストと同様に人間のテスト基準を当てはめた結果なのか、個体差が大きいのか。
今の時代、動物達の意識レベルも上がっている可能性もありますね。


 by やまと男子ヨッシー | HP | 3月21日(月)15:55

(^^♪

やまと男子ヨッシーさん ありがとうございます。

今の人間社会は
一パーセントの富裕層と九十九パーセントの貧困層の弱肉強食の気がします。

愛の
IQテストがあれば
わんちゃんは人間をはるかにしのぐかもしれないです。

ぁぃ(。・ω・。)ノ♡


 by たまきち | 3月23日(水)06:49


(1/1ページ)




FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン